Chia 2.0.0 リリース

Chia 2.0.0 リリース

メジャー version upです。ちょっと早期不安定さが怖かったのですが、好奇心にまけて update してしまいました。とりあえずこちらの環境では大丈夫そうです。

GPUプロットが気になります。「GPU を使用する場合は最小 256 GB RAM をサポート、8GB* の VRAM、5.2 の CUDA 機能を備えた NVIDIA GPU (1 シリーズ カード以降)」とのこと。GPUはRTX3060(12GB)なのでクリアですが、CPU メモリが128GB(最近増設しました)しかありません。マザーボード上限なので、試すにはCPU/マザーボード/メモリ変更と大がかりなシステム変更が必要になります。まだ指をくわえて見ているしかないですねぇ。さらに「Windows 10 の NVIDIA カードとドライバーの特定の組み合わせでプロットが破損する →プロットには Windows 11 のみを使用してください」との記述もあります。Windows10でGPU Plotする場合にはよく確認しましょう。

圧縮プロットも気になるところですが、Bladebit3.0 で C7圧縮しても101.4GiB→78GiBになるくらい。2割くらいのメリット。苦労して、電力消費してまで入れ替えるほどでは無いなぁ、と感じています。

2.0.0

Chia リファレンス クライアントのバージョン 2.0.0 がダウンロードできるようになりました。このリリースは、農業を行っている人やフルノードを実行している人に焦点を当てており、すべての農家に更新してもらいたい重要なアップデートです。

農家向け

正式にここにあります!プロット圧縮と GPU プロットが利用できるようになりました。ファームを最大限に活用するための戦略を立てる方法を決定するには、このブログ投稿を参照してください。
このリリースには次の内容が含まれています。

プロット

ドキュメントのプロット

  • Bladebit 3.0 リリース – Ramlot または新しい GPU プロット コマンド cudaplot を使用して圧縮された K32 プロットを作成し、有効スペースを増やし、より多くのファーミング報酬を獲得します
    • C1 ~ C7 の圧縮レベルがサポートされています。各レベルでどの程度の圧縮が得られるかを確認するには、ここを参照してください。
    • GPU を使用する場合は最小 256 GB RAM をサポート、CPU を使用する場合は最小 416 GB RAM をサポートします。8GB* の VRAM、5.2 の CUDA 機能を備えた NVIDIA GPU (1 シリーズ カード以降)。
    • Windows と Linux でサポート
    • GUI または CLI からプロットする
    • 既存の非圧縮プロットは引き続き機能します

注記
ハイブリッド ディスク プロットによる低 RAM 要件に対する Bladebit のサポートやその他の魅力的な機能は現在開発中であり、間もなく将来のリリースに導入される予定です。Bladebit リリース ページでプレリリースに注目して、利用可能になり次第ベータ テストを開始できるようにします。

農業・収穫

農業ドキュメント

  • NVIDIA cuda GPU を使用した圧縮プロットの GPU ハーベスティング (解凍)、高効率 (単一 GPU で数ペタバイト) で圧縮プロットをファームします。
  • レベル C1 ~ C7 の CPU ハーベスティング (解凍) (ただし、ほとんどの CPU ファーマーには C5 までが推奨されます)
  • Chia 農業用 GUI のアップデート
    • ファーム タブがファームの健全性統計で更新され、ネットワーク、プール、またはプロットの問題を簡単に特定できるようになりました。
    • GUI ユーザー向けに Harvester タブを追加し、各ハーベスターが管理している生の有効スペースの量を確認したり、ローカルおよびリモートのハーベスターのレイテンシやプロット情報をレポートしたりできるようになりました。これは圧縮された区画を農業する場合に重要な情報です。
    • 新しいハーベスタ設定ページ (圧縮サポート、サブディレクトリをサポートするための再帰的プロット スキャンなど)。

コンセンサスとブロックチェーンプロトコル

  • プロットフィルター削減ハード フォークは、GPU プロットの導入によりプロット速度が向上したため、またプロットの研磨の試みを阻止するために導入されました。プロット フィルターの最初の削減は、ブロック 5,496,000 (2024 年 6 月頃) で開始され、フィルターを 512 から 256 に下げます。その後、フィルターは 3 年ごとに半分に減らされます。詳細については、GPU プロットに関するブログ投稿を参照してください。
  • ソフトフォークによる CLVM BLS の追加
    • point_add 機能を補完する新しい BLS 演算子により、署名検証やゼロ知識 (ZK) 証明の使用など、より複雑な CLVM パフォーマンスが可能になります。
    • CLVMで「modpow」と「%」を加算して剰余を計算する演算子
    • secp256k1 および secp256r1 署名に対するオペレーター サポートを追加して、HSM、ハードウェア ウォレット、Apple Secure Enclave、Android の Keystore の信頼された実行環境を署名デバイスとして使用できるようにしました。
  • BLST ライブラリに移行して、トランザクションの検証と送信時にフルノードのパフォーマンスを向上させます。

一般的なエンドユーザー エクスペリエンスの向上

  • ローカル アドレス帳が追加されたため、一般的に使用されるアドレス、DID、またはドメインを連絡先に対して保存して、トランザクションの作成時に使用したり、過去のトランザクションをより簡単に識別したりできるようになりました。アドレス帳は同じコンピュータ上のすべてのローカル キーで共有され、重複したコピーを保持する必要性が軽減されます。

開発者および作成者向け (RPC および CLI のみ)

  • get_wallet_address RPC を追加して、開発者がユーザーの任意のキーのウォレット キースペース内の任意のポイントからウォレット アドレスを導出できるようになり、特定のキーの導出パスに沿って特定のウォレット アドレスを取得しやすくなりました。
  • WalletConnect API の更新
    • クローバック コマンドが追加されたため、DApps は接続されているウォレットに対してクローバック コマンドを開始できます。
    • ウォレットアドレスの取得コマンドも追加されました

一般的なシステムおよびアプリケーションのサポート更新

  • 2.0.0 は、v1 フル ノード データベースを正式にサポートする最後の Chia アップデートです。今後の更新をサポートするために、すべてのユーザーがv2 データベースにアップグレードすることをお勧めします。
  • Python 3.7 はこのリリースではサポートされなくなりました。Ubuntu 18.04 を実行している場合は、Python バージョンを手動で更新する必要がある場合があります。
  • このリリースは、macOS 10.14 Mojave、macOS 10.15 Catalina をサポートする最後の Chia アップデートです。今後のアップデートでは、macOS 11 Big Sur 以降のみがサポートされます。
  • このリリースでは Windows 8.1 はサポートされなくなりました。今回および今後のアップデートでは、Windows 10 以降のみがサポートされます。
  • 1.6.2 以前の Chia クライアントで作成されたオファー ファイルはサポートされなくなりました

重要
既知の問題点

  • ターゲットの宛先ドライブがいっぱいになると、Bladebit がクラッシュします
    • この問題は Bladebit 3.1 ベータ版で修正される予定ですが、回避策は Bladebit を再起動することです。
  • Goby から 2.0 ウォレットに Cat を送信すると、2.0 ウォレットに表示されません
    • 回避策: 1.8.2 ウォレットを使用して残高を確認し、自分にコインを送信して 2.0 ウォレットで確認できます。
  • testnet10 ではノード全体を 0 から同期できません
  • GPU ハーベスティング – 特定のプラットフォーム上の特定の NVIDIA GPU とドライバーの組み合わせでは、ログに「GRResult is not GRResutl_OK」という既知のエラーが発生し、解凍イベントが停止します。
    • 回避策: ハーベスターを再起動します。
  • オファー ファイルを表示すると、アセットが提供されていないことが表示されます
    • 回避策: これを受け入れる場合は、ウォレットのバージョンを 1.8.2 にダウングレードする必要があります。これはバージョン 1.6.2 以前で作成された古いオファー ファイルです。このオファー ファイル形式は 2.0 以降ではサポートされなくなりました。
  • ウォレットは同期されていますが、残高が正しくなく、さらに大量のオファー (> 50) を作成しています。
    • 回避策: [設定] -> [一般] で導出インデックスを手動で更新し、ウォレットを同期させます。
  • Windows 10 の NVIDIA カードとドライバーの特定の組み合わせでプロットが破損する
    • プロットには Windows 11 のみを使用してください
  • 「連絡先」をクリックすると GUI がクラッシュする
    • 回避策: ウォレットからログアウトし、再度ログインします。

追加した

  • 圧縮プロットのサポート
  • 紹介者からのプライベート ネットワーク アドレスを受け入れるための構成オプションを追加します
  • インストーラーに不足しているライセンスを含むライセンス ディレクトリを生成します。
  • 2.0アップデート
  • DataLayer クリア保留ルート インターフェイスを追加
  • ウォレットアドレスを導出するための get_wallet_addresses RPC を追加
  • マルチスレッドchia plots check
  • ハードフォーク2.0
  • BlockRecord にフィールドを追加します。
  • プロトコル:errorプロトコル メッセージを導入します。
  • RPC クライアントを追加し、cancel_offers エンドポイントのテストを追加します。
  • DataLayer の SQL ロギング構成を追加する
  • 新しい集約署名条件
  • デコンプレッサーの取得のタイムアウト。

かわった

  • 次のリリース サイクルに合わせて SOFT_FORK3_HEIGHT をバンプします
  • CAT_MOD を cat_loader -> cat_utils から移動
  • testnet10 でより積極的なアクティベーション スケジュールを使用する
  • Full_node: サブスクリプション コードでのさらに多くのセットの使用法
  • 一貫性を保つために、名前を exclude_coin_* ->exclude_coin_* に変更します
  • すべての定義**kwargsに追加generate_signed_transaction
  • フルノード: 追加max_heightCoinStore.get_coin_states_by_ids
  • ユーティリティ: StructStreamint の調整とサイズ調整
  • 使用する非同期コンテキストマネージャー DBConnection を言い換えますasynccontextmanager
  • chia_rs を 0.2.8 にバンプします
  • blspy を 2.0.0 (blst) にバンプします
  • blspy を 2.0.1 にバンプする
  • SSL 秘密キーには PKCS#8 形式を使用します
  • setup.py パッケージの自動検索
  • シミュレータの SSL キーを PKCS#8 に更新する
  • chia rpc CLI からのデーモン コマンドの呼び出しをサポート
  • 最新の blspy を使用する
  • すべての CLI コマンドを非同期ジェネレーターを使用するように変換する
  • サーバー:Handshake.software_version接続に次のように保存しますstr
  • CLI RPC 接続エラー処理のクリーンアップ
  • プロットフィルターのハードフォーク
  • DIDウォレットを簡素化するためにDIDWallet.get_coin()を追加
  • 初期設定を更新する
  • chia_rs の依存関係を 0.2.9 に強化
  • Python 3.7 のサポートを削除
  • 品質検索時間情報を FarmingInfo に追加しました
  • UI_ACTUAL_SPACE_CONSTANT_FACTOR0.78に更新されました
  • ソリューションジェネレーター
  • blocks_wonウォールに追加さlast_time_farmedれましたget_farmed_amount
  • DataLayer の挿入事前チェックを回避する
  • CLI 接続エラーについて証明書エラーを直接報告する
  • 古いオファー MOD への参照を削除
  • DataLayer の祖先挿入事前チェックを回避する
  • プール統計処理の改善
  • FullNode RPC APIaverage_block_timeに追加されましたget_blockchain_state
  • get_keys_for_plotデーモンサーバーAPIを追加しました
  • Bladebit 3 に cuda とプロット圧縮のサポートを追加しました
  • RPC APItotal_effective_plot_size用に追加get_harvesters
  • 圧縮レベルとハーベスティング モードをハーベスター プロトコル/メソッドに追加しました。
  • ファーマーは不足している標識ポイントを返すようになりました
  • 再クエリの代わりに DataLayer のルートと世代を渡します
  • チアポスを更新する
  • get_harvester_configAPIにデフォルトを追加
  • cuda プロットのログと進行状況のマッピングを更新する
  • プロッタのインストール スクリプトを更新する
  • chiavdf を 1.0.10 にアップデートする
  • Softfork3 のアクティベーションを約 2 週間延期します
  • バンプソフトフォーク3アクティベーション高さ
  • チアポスを完全リリースに更新する
  • chia_rs を 0.2.10 にアップデートする
  • インストールするデフォルトのプロッターとして Bladebit3
  • cudaplot の魔法の最後の言葉として「プロットの作成が完了しました」を使用する
  • ハーベスターの警告を5秒から8秒に調整
  • チアポス 2.0.2 へのアップデート

修理済み

  • VerifiedCredential を修正し.get_next_from_coin_spend、新しい Puzhash をテストする
  • プルーフがまだ存在しない場合の vcs get コマンドを修正
  • ウォレット: 不足しているヒントを修正GenesisById.generate_issuance_bundle
  • サーバー: 受信接続のバージョンを修正
  • clvm_tools_rs==0.1.34 を再固定します
  • 再試行ストアに reorg rollback を追加
  • 内部ウォレットのパズルハッシュのみを購読する
  • Rpc: 修正とテストWalletRpcApi.get_coin_records_by_names
  • フルノード: uint32.MAXIMUM_EXCLUSIVE->uint32.MAXIMUM
  • Full_node: 重複を送信しないでくださいregister_interest_in_puzzle_hash
  • ウォレット: ピアからコインの状態を重複排除します。
  • ビルド:puzzlesパッケージをインクルード ( #15508 )
  • VC同期例外をより適切に処理する
  • CAT と DID のヒント解析を修正
  • lerna 7 のビルド スクリプトを更新する
  • シミュレーター/ブロックツールのフォーク高さの定数を修正
  • いくつかの NFT RPC mypy 修正
  • クローバック再同期
  • 変数名のタイプミスを修正
  • プロット情報に関する追加ロックを修正しました
  • Python の一部のビルドで終了するときの Cli エラーを修正しました。
  • Legacy-support-policy.md の空白を修正
  • シミュレーターのサブエポックロジックのクリーンアップと修正
  • 不安定な CAT テストを修正
  • CLIのインデントを修正
  • 未確認の TXS を削除する際に、クローバック受信 TXS をスキップします。
  • テストネットのフォークポイントの高さの初期設定を修正
  • Cudaplotの修正
  • 固定chia plotnft showコマンド
  • 平均ブロック時間を計算するために不十分なブロック間隔が使用されていた問題を修正しました
  • -tcudaplot でオプションが必要だった問題を修正しました
  • full_node_api.py の get_puzzle_and_solution_for_coin に ALLOW_BACKREFS をフラグとして追加します
  • クローバック送信者の再同期問題を修正
  • –insecure フラグを cancel_offer コマンド ラインに修正しました
  • t2チアポスが必須オプションとして認識される問題を修正しました
  • DataLayerのデッドロックを修正

GUIの変更

Chiaカテゴリの最新記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。